転職

転職

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業側からも今までとは違う変化が現れ始めています。
転職

転職活動を行っていると面接時に必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。

転職活動をしていて絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、率直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚・上司との人間関係など、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。
転職

転職活動を行う場合、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが・・

転職活動を開始するとき、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しないと損です。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復としてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、違った角度から見ると、ウソの書き込みだったなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。
転職

求人についての情報では、とうぜんたいていの企業では月の給料の記載に目が行きますよね。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、たいていの株式会社では月収の記載に目が行きますよね。この月収を調べれる時には、注意して確認する事が必要です。数字だけを見て判断してはいけません。実は会社によっては、月収の金額の内訳で「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。
転職

知人による紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

人による紹介で転職する先を見付ける人がいます。それも悪いとはいわないけれど転職の先の労働環境や労働条件などを知っている人の口コミを過剰に信用するのはトラブルになることが多いです。というのは個人の口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。要するに友人から見たらかなり良い職場に思えても、、自分にとってはストレスフルな環境があります。
転職

現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、…

今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業の場合は公表されるなど、厳罰化の流れが続いていますが、完璧とは言い難いです。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました