転職活動を行っていると面接時に必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。

転職活動をしていると、面接時に高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をやっていると、面接で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、隠さずに話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について正直に話すのは問題です。例をあげれば給料・待遇に対する不満、人間関係の問題など、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。おそらく、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。それにプラスして、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。

    再就職をする際に面接で決まり文句のように質問されるの…

  • 転職をする際でほぼ100%追求されることが職場を辞めた原因のことです。このような質問になった際には退職した会社を話題にしないほうが安心です。辞めた経緯を的にしてしまうと絶対に悪い面を含んだ内容になってしまいますから。この話の良い進め方は、どうして前職を辞めたかという点をぜひともこの職場に入りたかった理由があるといった話に持っていくべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に内容を傾けていきましょう。そういう内容ならば、マイナス面を隠し積極性を前面に押し出した辞職の理由にすることができます。

    その昔は看護婦と呼ばれていた看護師という職業は、歴史的背景…

  • 看護師は仕事としてどうしてか女性の割合が高い職です。ご存知のように気力それから体力をひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。したがって対人関係のいざこざや、自分の結婚・出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスを難しい仕事ともいえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い現実があります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。つねに各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

    転職というものを考えるとき、そこでの自分の給与について気にする・・

  • 転職というものをしようと考えたとき、そこでの年収について気にしすぎる人が案外多くいるようです。とうぜんたいていの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐために励むのはずです。したがって年収というのは自身の社会的な価値を知る値という見方もできますから、当然大切なものであることは当然なのですが、しかしながら、必要以上に年収の額ばかりをとらわれすぎてしまうのもさみしい気がします。この世には年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることが少なくないからです。

    派遣社員として働く会社が決まりました。

  • 派遣の仕事が決定しました。最初の勤務日に営業の担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニで落ち合うことになっていたところ、営業担当者が約束のお店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、担当者はなんと雑誌コーナー前の通路に座り込んでいやらしいグラビアのところを開いて読んでいるではないですか。こんな人が自分を担当するなんて人間として恥ずかしいことと判断し、その場で声をかけずコンビニを出てすぐさま派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

    仮にあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」のように・・

  • もしあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」といった形で、都会から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と考えている方が、ここ最近増加しています。ここ最近は求人情報サイトをうまく活用すれば、郊外や地方での求人情報にも簡単に得られますが、しかしながら、郊外や地方での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、それがマイナスといえます。なので、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートの関連情報も見ておくと間違いがありません。

    転職時の面接のときにつける腕時計ですが、明らかに目立つタイプ・・

  • 転職時の面接を受けるときにする腕時計ですが、どう見ても目立つ腕時計は避けたほうが安心といえます。この場合の、目立つはブランドの腕時計であるとか、というだけではありません。反対に完全に安物である腕時計に見られてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真逆の目を惹く、と頭に入れておいてください。面接の際に付けるべき腕時計というのはポジション的にはネクタイやスーツと同様の考えで、面接にふさわしい堅実なものを身に付けるほうが賢明です。とはいっても、自分の歳にあっている腕時計ということ大切で、新卒の頃に面接時に着用していた腕時計よりは少しでも高価なも腕時計にした方が間違いないということは言えるでしょう。

    ここ最近の労働環境が大きく変化したことについて、働きざかりの世代の中…

  • 現在の労働環境の激変ぶりについて、社会人の中で若い世代は鋭く感じ取って、十中八九将来を見据えた動向なのでしょう。なので、サラリーマン・労働者などの労働市場の「流動化」が顕著となっているので、なおさら、この先、より広い世代で転職についての注目が高まるのでは、と思います。「流動化」によって仕事を変えることは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。終身雇用が蔓延していた時代には「会社を辞めて転職」というとそれだけで評価が下がるとも言われて転職が思い通りにいかない人もありました。ところが、時流の変化とともに現在の会社のみに執着する意味も必要性も減っているように感じます。

    転職を行う際、今務めている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが…

  • 転職を行うにあたって、現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もしも自己都合で退職届を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職においてはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社日の翌日から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークのスタッフとトラブルになっているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業認定が下ったのち即座に失業保険が給付となります。

    転職のための採用面接では、やめておいたほうがよいの・・

  • 転職の際に外せない企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと過度に猫をかぶることです。すると正直なところ不採用となる可能性が高いです。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「有給取得率」など、通常であればちょっと聞きにくいことも勇気を持って率直に尋ねておいた方が、結果的に確実に自身のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねることで面接で不採用になるのではないか」と不安が募るかもしれません。しかし、意外とプラスの結果をもたらすことは結果的には少なくないようです。これらのお金や労働環境に対する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、面接応募者の多くは、はっきりと聞けないものです。しかし、あえて尋ねておくことで「こいつは他と違う」ということで思わせることができます。

  • タイトルとURLをコピーしました