転職活動を行う場合、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが・・

転職する際は、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思います・・

  • 転職する場合は、いろんな手段で情報を集める人が大半だと思いますが、転職系の「口コミサイト」はかなり利用価値があり、オススメです。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の報復によってその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、別の視点から見ると、投稿の内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。ですが、実態は『クロ』で「本当のことが書かれているので、早く火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで注目されるので黙認しますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇するおそれのあるといえるでしょう。というか、善良な会社だったらトラブルは起こりませんから。
  • ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。2、3日・・

  • とある古物商の求人にて、書類審査を通過しました。2、3日して面接の日時について担当者から連絡をもらい、だが、当日、指定場所へ行ってみると、全く面接が予定されていませんでした。待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、始終呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、面接が終了しました。けれども、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそんなわけでふたたび、連絡をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と一方的に電話を切られてしまいました。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、正直なところ、不採用で良かったと感謝しています。
  • 転職活動を始めるにあたっては、事前に公式サイト、求人票、パンフレットといったもので…

  • 転職をするとき、前もって、インターネット上で求人サイトを閲覧したりして興味のある会社を調べると思います。しかしながら、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す特徴があります。たとえ公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の社長の方針や社員の感想に関しては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。仮に美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々なイチャモンをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。
  • 仕事を変えようとしようとしている時にチェックすることにな…

  • 仕事を探しているときに気にかける求人情報というのは、目安として記載されている、という可能性があります。そのため、情報として記載されていることを何もかもが正確な情報だとは安易に信頼するのはやめておいたほうがいいと思います。とりわけ報酬に関しては一般的なのか?最低限なのか?それとも最高値の金額であるのか?という評価ができる人は少なく、自分で勝手に決め込んでしまうと、後から悔いが残る事いなるかもしれません。そのような訳で、嫌な思いをすることになる前に、募集事項については、一般的なものだと思って、そういった重要なことは直に確かめてみた方が好ましいです。
  • 近いうちに転職される人で次の仕事をする前に期間があるのなら、…

  • 今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、必ず失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は会社側がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば必ずだれでももらえます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちにもらえる場合があります。なお、受け取れる「失業手当」の金額は、辞めた月の直近の給料を基準に失業手当の支給する額を割り出されるので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 仮に再就職をしようと考えていてもあらゆることが都合よく運ぶ…

  • 再就職しようとしても全部が首尾よくいくワケではありません。できればどっちにしても転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちに出来るだけ早く行動しておくべきです。大半の場合、30代前半までは結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職自体がたいへん厳しいといえます。重要なポジションに就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の会社にとどまることも選択項目に入れておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社には残ったまま時間をかけて注意深く行動したほうが失敗しなくて済みます。
  • スムーズに転職したい時は、希望する企業相手というより…

  • 最短で転職したい場合は希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要といってもいいでしょう。しっかり採用してもらうために、はじめに面接が始まるときに平常心で対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする意識で望むと問題はありません。とくに面接では最も初めにあなたの中身を判定してもらうので悪い評価になるような行動は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ社会人らしい面接に適した服装で向かいましょう。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 仕事を始めてすぐはすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職先にて、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、はじめの年度は大体試用期間が含まれることも多くあります。自身の場合、せっかく転職して悲しいかな以前の職場での稼ぎとほぼ同じ額でした。そして、業務内容はきつく責任重大な立場でもあったので、1年目は、ひどく苦労しました。そのような実体験をしてみると、転職1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、可能ならば転職する前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。
  • 転職での面接などの時に面接担当者に名刺を差し出された場合…

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手側に渡すべきであるのか?と迷った場合は、一般的には渡さないもの、と考えておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事ではなく、職に就くための採用活動内のことです。ですからほとんどの場合は名刺をやりとりする時間ではありません。加えて、会社の人間として出向いているのではなく、個人のことでそこにいるわけです。それゆえに、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらの方は、ただもらうだけでよくて、相手の方に渡す責任はまったくないと考えられます。
  • 今、私は派遣の会社に入っています。

  • 派遣会社に登録しています。ウェブサイトの中でなんとなく条件のよい仕事を探し出して応募したい旨を伝えると「残念ながらその仕事は、別の方の採用が内定しています」という答えられ一瞬サイトからもお仕事情報がなくなるのですが、その翌日に再度見るともう一度情報が掲載されています。これって結局は私だとダメだということですよね。そうであるならば最初からカドが立たないくらいにはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それとも客寄せのための存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • タイトルとURLをコピーしました