生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、「自動的にもらえる社会保障」と考えている・・

はじめて「失業保険」をもらう際に、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人…

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば受け取れると考えている人がとても多いですが、それは誤りです。本当は、失業保険をきちんと受け続けるためには、求職活動を行っている必要があり、その上で、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。毎月職員に就職活動の状況をきちんと説明して職探しに真剣に取り組んでいると判断されれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。対称的に、本気で就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、アッサリと給付が一時停止となったり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう十分注意しましょう。

転職先を決めるとき、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも重要だ・・

転職先を決めるにあたって、むろんやりがいのある仕事をすることも大事だけど収入のアップも大事なポイントになりますから「年収サイト」に登録してあらかじめ研究しています。同じ会社で同一の職種、経歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの違いがあることも多くて、正直に言えば面接の時質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた者について誰なのかだいたい予測はついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料だと思ってください」とのことでした。

クールビズの服装で転職の面接場に出向くときには、ジャケットにおいてはやは・・

クールビズの格好をして転職の面接場に出向く場合、ジャケットは着なくても良いとはっきりと分かるわけですが、ネクタイだけはしておいた方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイの着用はなくても大丈夫だと考えている企業もある場合もなくはないです。ですが、ネクタイだけはクールビズでも必ず着用しければならないと思っている企業がいくつかあります。そのため、クールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えることがないということを認識しておいてください。

一昨日転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

先週人材会社へ登録に向かいました。そこで登録カウンセリングをしに出てきた担当の人が見たところ新入社員みたいで、こちらが説明している話の5割ほどもわかっていない様子。それでいて「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと強みを明確にしていくことが必要です」とか、私のことをすべて理解しているかのように偉そうにのたまうからとてもイラつきました。カウンセリングを担当する人は多少は社会人の経験がある人にするべきだと思います。

求人関連の情報を見るとき、例えば、デスクワークが希望だから…

求人に関する情報をチェックする場合、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業を見ようとしないものです。そうした人には「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしていたりします。現に、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といった人材募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する部署もたくさんあります。ですが、製造業の勤め先はビジネス街のような環境とは違います。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそれが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、とはいえ、自らのエゴをなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

新卒で入った会社を辞め、転職した経験があります。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職すると決めました。退職したときは、毎日悩み、不安な気持ちになりました。でも、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、大半の人が中途採用で働いていることを転職活動を通して理解し、自然と不安な気持ちが無くなりました。転職をすると自然と肩の荷が下りたかのような気分になり、「本当に自分のしたいこと」を探すのが楽しいものになりました。やはり「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような意見も根強くありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。

大半は大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため・・

多くの場合大きな会社は定期採用中心で、転職で入る事はとても難しいものです。さらに、田舎のほうでとなると転職の機会はたいへん低くなるでしょう。例外的に、製造業の会社においては、都市部でない地方の工業団地を製造工場を置いている可能性があります。さらに、そういった工場は、事業拡大にあわせて「中途採用」を積極的に行うので、そういった機会に転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する企業についての予備知識をあらかじめ仕入れておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人がないかマメにチェックしてみましょう。

これまでは求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

前は新しい職場を探すときは「ハローワーク」で仕事を探していました。理由は、有名どころの「転職サイト」は、システム上、都会や大手の求人がほとんどだからです。なので、転職時は「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、地域密着という点では自分に適した職が探しやすくなります。「聞いたことのない企業ばかりで不安」という先入観がある人が多いとは思います。思いのほか、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、転職を希望しているのなら、参考までにハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトのように執拗な電話やメールが繰り返し来ることもありません。

在職していた会社で怒りっぽい上司に悩みを抱え、結局我慢の限界を超えてその会社を辞・・

就職した会社で嫌で反りが合わない上司に頭を抱え、とうとう我慢することができなくなり退職し、同業者である他の企業へ転職しました。その会社では気分よく仕事ができてとても充実した毎日でしたが、じわじわと会社の売上が落ち込んで、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。経営統合したのはなんと前働いていた会社で、加えて大嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、本当に縁があります。言うまでもありませんが新規の転職活動を始動しています。

転職活動を行う際の最後に残る難関として、今勤務している会社の退職があげられます。

転職活動を行う際の最後の問題として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。転職先がOKしたとしても、今いる会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのもありがちなケースです。そのようなケースでは、何があっても退職する、という強い気持ちでいることを必要でしょう。たとえ引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と直接話し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、正直に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切な要素となってきます。

タイトルとURLをコピーしました