現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、…

現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり・・

  • 今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、会社名が公表されたりと不利益を被る流れができてきましたが、完全には至っていないと思われます。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。求人票などの労働条件を事前に調べ、ひとつひとつの項目について、堂々と質問しましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、回答を避けるなど逃げるような姿勢になることが多くあります。特に「休日」「残業」「給与」に関しては、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでも質問を止めずにいると、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。
  • 未経験の分野などに転職を行う際は、自分が前の職場で養われた腕前・・

  • 未経験の業種などに転業したいと考えているときには、前の会社で、自分が培ってきた腕前や経験したことが生かせるという自己アピールが必要になります。経験をしたことのない業界の場合、未経験の分その分野で経験してきた人たちよりも事実、足りない部分はありますが、自分自身の持っている力がその業界でも生かすことができるということを伝えれば、戦えるケースも多々出てきます。したがって、経験が全然ない分野に飛び込む場合は、その業界とこれまでに自分がしてきた職務内容とのつながりを可能な限り考えましょう。
  • もし転職を考えているのなら、あらかじめ資格を取得することでステップアップできます。

  • もしも転職するのなら、転職前に資格を取得することで有利になります。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくのがベストです。転職活動にあたって幅が広がるので、新しい仕事を見つけやすくなります。そんなわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階で資格取得をするのがベストな時期といえます。もしもあなたがキャリアアップを考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも心残りなく仕事を探せます。さらに、資格を保有することで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で面接官に即戦力になる人材だと認められ、以前の職場より待遇も良くなる可能性が高いです。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えたら…

  • 派遣社員になっても契約期間を迎えたらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職したことで学びました。私は結婚し、落ち着いたらすぐにでも子供を授かりたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい今の部署で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正規よりも収入は少なめでしたが、やはり時間的な自由が得られるのでガマンしました。ですが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはみなさん10年~15年ほど勤務しているというのです。たとえ派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、困ってしまいました。
  • 転職しようと考えている会社で会社見学しておけば、すごく勉強になります。

  • 転職先の会社見学ができれば、とても勉強になります。また、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られるので楽しくなります。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、いつも通りの仕事現場を見せてくれることはありません。例えると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この業種では、個人のプライドが強いので入社するまで実際の姿は伺えないものです。なので、「見学現場=仕事現場」と考えないことが大切です。ましてや、見学の時に実際に仕事体験できる会社はとても危険ですから注意しておいた方が良いです。雇用契約を結んでいない人には仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障が一切ないため、仕事体験ができる、と言われても角が立たないように断っておくようにしましょう。
  • 今の自らの勤め先や仕事内容に対して、何かしらの不満を感じることがあるはずです。

  • 今のあなたの勤め先や仕事に対する何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキル・能力が正確に評価されていない」あるいは、「年収は変わらないし、将来的な昇格も期待できない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。けれど、気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、自らの本来の技量を実際よりも過大評価している事が少なくないのです。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、「自分を生かせる求人がない」と再就職先が全く決まらないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。なので再就職で成果を上げるためには、自分のキャパシティを厳しい目で客観的に評価してみてください。
  • 自らが転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

  • かつてはかなり複数の人材紹介会社に登録していました。サポートしてくれる担当者の質がまちまちでそのほとんどが物足りなく感じる方でした。こちらは人生かかっているのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという願いが膨れ上がりその事がきっかけとなってキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。その資格を取るためには支出が増えました。また勉強面に関してもきつかったのですが、仕事を探している方から信頼してもらえるように頑張っています。
  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、必ずと言っていいほど質問されます。このとき、どんな理由があっても、前の職場の働く環境や人づきあいについての愚痴とも受け止められる返答などは、できるだけ口にするのは避けましょう。こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいかねません。そのため面接時には前向きな発言が正解です。あくまでも「新しい職場で、スキルを生かしながら、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような売り込みの形が必要とされます。
  • 求人に関する情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人情報をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業をあまりチェックしていません。そんな人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と間違って解釈している場合もあります。製造業の求人であったとしても、人事、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に分類される部門もたくさん存在します。ただ、製造業の勤め先自体、オフィス街と同じ環境ではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに映る人もいるかもしれません。けれど、自分のエゴをなくすことで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。
  • 新しい仕事で、あなたの過去のキャリアやスキルを生かすことができ…

  • 新しく就いた勤め先でこれまでに培われてきたスキル・キャリア生かすことができたら即戦力として認められ、直ぐ仕事場にも馴染めるし、同時に雇い主としても即戦力は常に必要なので、雇用側が判断しても即戦力となる転職は簡単だといえます。それに加えて過去の業務内容と近い内容であれば、転職すること自体すんなり行くはずです。かと言って、ある程度の実力があるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員の募集については、いつの時代も、かなりの競争率ですから、楽観視は禁物です。
  • タイトルとURLをコピーしました