昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理が主導する現政権によって、…

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間においても今までにない変化が増加傾向にあります。そういった変化を受けたことで、企業の側でも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を増やしていくつもりでいるつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用・転職事情も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

就職するため仕事探しをする際に気を付けて欲しい求人は…

就職活動する際に気を付けて欲しい求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長いというものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多々見受けられるます。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間や45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料に残業代を入れておくというものになります。(ちなみに、これは合法です)もしも『みなし残業代50時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料です」という話になるわけです。ですが、悪質な求人では、『みなし』という言葉自体が可能性もあるので気をつけておきましょう。

今現在の職場や業務に対するほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今の自身の職場・仕事内容について何かしらの不満があるはずです。「自身の持っているスキルや能力を誠実に評価してもらえない」そして、「賃金のアップも、将来昇進する見込みもない」といった不満が多いように見受けられます。とはいえ、そういった悩みを持っている人の中には、自身の持っている才能を実際よりも過大評価している場合が多いものです。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この求人では、自分を活かせない」と再就職先が全く決まらないと言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性も少なくありません。そういうわけで転職で良い結果を出すためにも、あなた自身のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

これから転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは職・・

これから転職活動をするという時は、良いと思う求人(あるいは業界)を見た際に絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナス面について知ることができないのが普通です。もしブラックな面があるならインターネット検索によってカンタンに瞬時に現実を知ることができます。そういうチェックを怠りながら入社した場合、あとになって痛い目にあいます。だいたいその求人募集が出ている理由が「業務内容がキツく、人の出入りが激しい」という場合がかなり多いため、目に留まった案件について、きちんと調べたうえで応募しましょう。

近頃、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増えてきました。

現代はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングも請け負う会社が増えているが、あなたに特許権取得の経験があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を発表した経験がある人や、テレビで紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと考えられる話をされたときには、心当たりを考えてみてください。あまりないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を請求する業者もあるらしいですが、その手の輩は100%イカサマですから騙されてはいけません。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。

『今すぐ転職したい!』という願望があって、その意志が強いのであれば…

『転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が強いのであれば、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。はじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、なぜか退職を受け入れられたのは同年11月です。本来なら、年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りには進みませんでした。やっぱり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでさすがに愛想が尽きました。

転社を度々しないための打開策が一つだけあります。

転社を度々しないためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今では精神面を強くするヒントはたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは違う行動をすることも精神面を鍛えることができます。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外は、文化も生活習慣も違うことばかりなので、刺激が山ほどあります。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま、面接に臨めば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職して間もない頃は精神的に弱くなりがちなので、これからのために休暇も必要です。

派遣会社に会員登録して仕事をする人が徐々に増えています。

派遣社員として仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、多くなってきています。派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでトータルのお金(または比率)、自分に入るのかをなるたけ面接時に質問しておきましょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その対価として手数料をもらうシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが少なくありません。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしないところも多く、酷い派遣会社では、2割しか労働者に還元しないということも多いといえます。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、極力異なる派遣会社を利用されることをおすすめします。

転職活動中は、どうしても、時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、…

転職の間は、ついつい時間に余裕がある分、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。・・であったとしても、そんな風な過ごし方を習慣にするのは危険です。それは、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「精神的」にも悪影響があるからです。時間がたつにつれて、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活が苦しくなり困ってしまいます。そのまま、生活も仕事も悪循環になり次の職場が決められません。将来の決断ができないのは、給料を最優先に考えてしまうからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られないように暮らしていくためにダラけた姿勢は、転職活動中にしないようにしましょう。

そのうちでも転職活動を予定しているのなら、現在の業務や…

明日からでも転職することをするのなら、直近の職場や仕事の何に不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと現在ある仕事や業務の客観的にみた問題なことを列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることは可能なはずです。
タイトルとURLをコピーしました